みきちんの日記です。

懐かしの漫画「るろうに剣心」にはまって

ネットサーフィンをしていた先日、
「るろうに剣心」という言葉が目に入ってきました。

「るろうに剣心」はかつて、
私が夢中になって読んでいた漫画です。

「昔はせっせとるろうに剣心を読んだなぁ」と思い、
改めて読んでみることにしました。

すると、これがかなり面白いのです。

お話の設定は明治時代。

主人公の剣心は、幕末の動乱時代「人斬り抜刀斎」と呼ばれた剣客なのですが、
剣心は人斬りになったことを悔い、
明治の今は「殺さず」の誓いを立てて生きています。

漫画を読みだすと、あっという間に、
悩みながらも賢明に生きている剣心の姿に引き付けられてしまいました。

すっかりはまってしまい、
現在、「るろうに剣心」を読むことは私の趣味の一つです。

今は、寝る前に少しずつ、
この漫画を読むのが楽しみで仕方ありません。

次はどうなるの?、次はどうなるの?、
と何度も読んだにもかかわらず、
わくわくしながら漫画を読んでいます。

自分にとって本当に面白いものは、
時がたっても、変わらないのだなぁと感じています。